Fes Faustus
#

人間/男/17歳
ADVENTURER:0431
S:盗賊、使い魔、言いくるめ、情報
W:異性に弱い

雑貨商兼盗賊。冒険者稼業はあくまでも副業である。盗賊ギルド(的なもの)に所属はしているが、盗賊と名乗る事はない。女性を神のように崇め、唯一の趣味である料理を他人に振る舞い、動物(特に猫と使い魔)を可愛がり、商売に勤しむことに何よりも生きがいを覚える。年相応に悪戯や冒険物語に憧れたりもするが、途中で我にかえることが多い。
ジジコン。使い魔はハシボソガラスのチェチェ(ツェツィーリエ)。
現在はアルバイトを雇い、本人は配達のため街中を走り回っていることも多い。

→個別紹介へ

Uran

クウォーターエルフ/男/20歳
ADVENTURER:0134
S:魅力、神聖魔法:救済、神聖魔法:破邪、ゴーレム
W:昆虫恐怖症

#

小柄、少女めいた童顔を利用してショタ主張を譲らない青年。ちなみにすぐに化けの皮がはがれる。
砂漠の宗教都市「ハラーブ」にて生まれ、アラーハを奉ずる。神職見習いとして修行を積むも、ある事情で神職を頂く前に街を出奔。<月売り>ウランを名乗り、アドロードまで旅に出た。神職らしさはあまり持ち合わせていないが、紛れもなく信仰者であり、アラーハへの忠誠心は何よりも強い。ゴーレム:パールサの使い手の1人。
苛酷な環境である砂漠育ちのせいか、基本的にタフ。

Corsima Theta
#

※画像はふーぎさんからの頂き物です

人間/女/16歳
VILLAINS: 5120
S:重装備、狂戦士、必殺、名工の武具
W:動物に嫌われる

ADVENTURER: 5300
S:重装備、必殺、名工の武具、F陸
W:動物に嫌われる、重装備過ぎ

代々傭兵の家庭に生まれた生粋の戦士。幼い頃から戦闘訓練を受けて育つが、傭兵部隊に見習いとして入隊後、規律の厳しさに嫌気がさして逃亡。ごろつきの用心棒などを生業とし、VILLAINSと呼ばれることになる。 VILLAINSとして逮捕され、公式情報では処刑されたことになっている。
VILLAINSとして指名手配されたことに懲りたか、単に欲望の矛先が変わったか、「冒険者をやっている方が割りがいい」として冒険者課業に転向。戦乙女を自称し、返り血を浴びることに命を賭ける。
食べることも好きだが質より量で、大食らい。ただし料理は一切出来ない(本人いわく「台所を破壊する」)。人間であるにもかかわらず、なぜか反芻する。

Katina Aliskandariya

人間/女/23歳
ADVENTURER: 1205
S:神聖魔法・救済、神聖魔法・司祭、薬草学、博識
W:重装備過ぎ

#

アドロードの片隅にあるフォーの下位神、[ホレブ]を祭る小さな神殿の神官。
幼少時にある神官に野犬から助けてもらったのをきっかけに「自分もあの人のように、人を守れる人になりたい」と思い、神に仕え、人々に奉仕する道を選んだ。 16歳の頃から神殿にて奉仕活動を続け、20歳の時に晴れて誓願を立てる事を許され、正式な神官となる。現在の地位は「奉仕者」であり、司祭よりも地位が低い。
普段は神殿の裏手の畑での農作業を中心に、パンを焼いたりスープを作ったりといった奉仕活動や、子供達に読み書きなどを教えていることが多い。 冒険者稼業に足を突っ込んでいるのは、「苦境にある人々への奉仕」と「神殿の運営費稼ぎ」のため。
神に全てを捧げたしもべであり、神の意に逆らうものには一切の容赦をしない。

Konrad Wilhelm Gesetzelassen
#

人間/男/18歳
ADVENTURER: 2330
S:血統、博識、必殺、名工の武具
W:カナヅチ

アードレー・ライヒという国の暫定首都・クウェードリンからアドロードへと社会見聞にやってきた、貴族のぼんぼん。愛称はクルト。現在は母方の縁者の家に、故郷からつれてきたメイドと共に世話になっている。
根が生真面目なのか単に融通がきかないのか、時折冗談が通じない。また、世間知らずと一応自覚はしているが、かなり根本的なところから物を知らない。紅茶は淹れさせるものであって、淹れるものではない。台所に立ったこともほとんどなく、サンドイッチ一つ作れない。酒に関してはザル。特にエールがお気に入り。
バスタードソードとソードブレイカーを組み合わせた双剣使いだが、実戦経験はほぼ0。一時期見習い騎士として戦闘訓練も受けたが、スラムにて友人から教授された剣技を混ぜ込んでいる。
法を扱う父の跡を継ぐべく法について学んでおり、法の遵守を第一のモットーとする。社会の中へ『冒険者』はどのように組み込まれているか学び、そして生活費稼ぎのために冒険者稼業へと足を踏み入れた。生き別れの(と本人は信じている)兄がおり、探してはいるものの、多少の迷いがないわけではない。

Verse

ハーフエルフ/女/20歳
ADVENTURER:0413
S:エルフ、幻覚魔法、魔力操作、薬草学
W:炎恐怖症

#

冒険者に憧れる駆け出し狩人。ハンターギルドに所属はしているものの、あまり仕組みを理解していないため、しょっちゅう呼び出されては説教されている。
エルフの里に育ち、里を飛び出してから三年ほど、狩人をやっていた父の元に身を寄せ、狩人としての修行を積む。エルフの里にいた頃から、しょっちゅう家出をしては森の中で生活していたため、ある程度非文化的な生活にも慣れている。
育ちがあまり良くなく、女性的な振る舞い等はほとんどせず、自分が女だとはまったく自覚していない。砂糖的な甘いものを好む。

→個別紹介へ

Ceneu Apollinaris Anicetus III
#

ケット・シー/男/30歳
ADVENTURER:2330
S:ケット・シー、名工の武具、諸国遍歴、博識
W:不注意

狩人一家に生まれたケット・シー。春の陽気に誘われてふらふらと遠出をしたところ迷子になり、以来実家に帰れず旅暮らしを重ね、いつのまにか冒険者稼業で糊口をしのぐようになった。
生来のものかその場の勢いか、旅の連れとなったものに適当な法螺を吹いている内に引っ込みがつかなくなり、法螺に法螺を重ね、いつのまにか法螺を吹くことが生きがいとなった。名乗る経歴も名前もほぼ嘘っぱちだが、嘘の理由は特にない。ただ「法螺を吹きたい」がために法螺を吹く。
自身の経歴を「ケット・シー王国の名門貴族、「女王に忠誠を誓い、天に祝福されたアニケトゥス家」に生まれ気高く成長するものの、家督を継ぐ直前に対立していた貴族「王に忠誠を誓い、大地に祝福されたヴェンケラス家」の陰謀によって王国を追放されてしまい、今はヴェンケラス家の家長・ビタリスに決闘を挑み、勝利するべく剣の腕を磨く旅の途中である」と称するが、まあ、全部嘘。

Male Niall

人間/男/17歳
VILLAINS: 0350
S:盗賊、トリック、薬草学、名工の武具
W:動物に嫌われる

VILLAINS2: 0350
S:盗賊、トリック、薬草学、ゴーレム
W:動物に嫌われる

#

大都市クウェードリンのスラムに生まれた孤児。教会に保護された後、ニアール家に養子として引き取られる。教会学校に通ううち、スラム育ちのチンピラまがいと付き合いはじめ、家出を繰り返すようになる。16歳を目前にして、養父を刺し殺してしまいそのまま逃走。以後、盗賊団、強盗団などにもぐりこんでは犯罪を重ね、頃合を見て団から外れる生活を繰り返す。流れ着いたアドロードでついにVILLAINSとして指名手配を受けることになる。二つ名は「逃げのマーレ」。
その後逮捕され、処刑されたはずだったが生きており、魔術師の手先としてアドロードの冒険者と遭遇。幾度かの戦いの後、再びアドロードにて投獄されるが脱獄、再度VILLAINSとして手配されることとなった。VILLAINSとしてはそこそこ高額の賞金首となる。ある冒険者に戦いの中で諭され、それまでの罪を償う決意をする。

Hu-Niang
#

人間/女/26歳
ADVENTURER:0224
S:使い魔、火属性魔法、魔力操作、魅力
W:カナヅチ

占い師。故郷では狐使いと呼ばれていた。名前は通称である。
東方の国、ティンパ=ティクオの出身。ある事情により故郷を離れ、アドロードへとやってきた。美味い酒と美味い食事、そして面白みのある景色をこよなく愛する。(永遠の)18歳を自称するのは見栄ではなく、彼女なりの意味があってのこと。
使い魔の狐、シャオ=ファンクァンを常に傍らに置く。足首につけた鈴の鳴らし方で狐に命令を下すため、踊るような足取りで歩くのが特徴。
奇妙な言葉遣いで話すが、意識的にやっている。